今さら聞けない!システムエンジニアになるには?

システムエンジニアは目のケアを!オススメのPC眼鏡

未経験でもなれる!システムエンジニアへの道

TOPICS/記事一覧

PC作業にはブルーライト眼鏡を

PC作業にはブルーライト眼鏡を

目を酷使する仕事

システムエンジニアは仕事上、一日中PCに向かうことも頻繁です。長い時間目にダメージを与えるブルーライトを浴びているのに、何も対策をとらない人がたくさんいます。これは真夏の海岸でサングラスをかけずに海水浴場の監視員をしているくらい危険な事です。
システムエンジニアという仕事にはブルーライト対策の眼鏡が不可欠であることを知り、実際にSEがするのにぴったりなブルーライト対策眼鏡を見ていく事で必要性をもう一度確認していきましょう。

ブルーライト対策眼鏡が必要な理由

システムエンジニアは基本的に一日中パソコンの前で作業しています。一日に12時間から18時間くらい見続けている人も珍しくない世界だと思います。
ご存知だと思いますがPCやスマホなどからはブルーライトが出ていて、長時間作業を続けると目が疲れてピントが合わなくなったり涙目になったり、逆にドライアイが進んだりしてしまいます。しばらくは我慢をして作業を進めることが出来るかもしれませんが、あまりに目の疲れが進んでしまい痙攣が止まらなくなったり、ドライアイがひどくなり目が充血して目を開けるのも厳しいという状況になったら仕事に支障が出てしまいます。
そもそも目にそれだけ強いダメージを与えるブルーライトとは何でしょうか。ブルーライトはPCやスマホなどのライトに含まれるだけでなく自然光にも含まれています。自然光の中の紫外線に近い波長で高いエネルギーを持っているのがブルーライトで、目の角膜や水晶体を通過して網膜にダメージを与えるほど強い力を持っています。比較的太陽光に強いと言われる日本人でも最近では夏場の強い日差しの時期にはサングラスをするようになっています。
紫外線に似たような光線を浴びながら毎日仕事をしているシステムエンジニアがサングラスにあたるような眼鏡をしないで良いという理由が見当たりません。

ELECOMブルーライト対策眼鏡のすすめ

ELECOM-ブルーライト対策眼鏡

ELECOM-ブルーライト対策眼鏡

たくさんの眼鏡会社がブルーライトカット用の眼鏡を作っていますが、その中でもブルーライトを50%カットするという「ELECOMブルーライト対策眼鏡」がおすすめです。

ブルーライトを50%カットできるという事は通常の仕事時間の半分ほどのダメージしか受けない(逆に言えば倍の時間仕事ができる)ということですし、紫外線も99.9%カットしますので作業中に外出する際にも万全の対策になります。システムエンジニアという仕事上ブルーライトからも紫外線からもダメージを受けないに越したことはありませんが、外出時にはサングラスに換えなくてはいけない場合は面倒です。しかしこの眼鏡の場合は屋外ではサングラスとして使えますのそんな心配もありません。また眼鏡のメッカ福井県鯖江市で企画デザインされているので機能だけでなくデザイン性も抜群です。

システムエンジニアにおすすめの記事