今さら聞けない!システムエンジニアになるには?

システムエンジニアは話し方で変わる!

未経験でもなれる!システムエンジニアへの道

TOPICS/記事一覧

信用される話し方を習得

信用される話し方を習得

必要なのはコミュニケーション能力

システムエンジニアへの転職を目指している方は多いと思います。システムエンジニアと聞くと技術職で職人気質な仕事というイメージが強いのではないでしょうか。
しかし実際にはシステムエンジニアは顧客と話し合い仕事を得るという「技術職としての知識を持つ営業職」のような役割があります。その役割をこなすためにはプログラミング言語をたくさん知っているだけでは務まりません。
むしろ人対人のコミュニケーション能力が必要になるのです。顧客だけではなく、企画したプロジェクトを実際に実行するためには会社の上司にも企画意図を説明できないといけません。またプロジェクトに参加をしてくれる部下である技術者を統率する能力も求められます。

以前から企業はITエンジニアに対して、技術的なスキル以外の要素を求めています。コミュニケーション能力はこの最たるもので、何処の企業でも求められるケースが多いでしょう。

引用:スキルサーフィン

求人案件情報をさがすならこのサイト!

求人案件情報をさがすならこのサイト!

スキルサーフィンは、ITエンジニア向けの求人を多く取り扱っており、さらには友達紹介で5万円というキャンページも実施しています!

信用される話し方とは何か

コミュニケーションの基本は人と話す力です。誰と話をしていても「なんかふわふわしている」「信用できない感じ」と思われてしまったら困ります。結局のところコミュニケーションが上手な人は「信用できる」と思われるような話し方をしているという事です。この時にでは相手を信用させるための話し方についての本を買ったり講演を受講しようと思ってはいけません。その場合は付け焼刃だと尚更信用できない人物に見えてしまうからです。信用できる人だと思わせるためには人として当たり前の話し方をすることがとても大事です。しかしその「人として当たり前の話し方」が出来ない人が増えているのも事実です。

ポイントを押さえて信用される話し方を

一生懸命本人が話をしているつもりでも信用されない場合はどのような原因があるのでしょうか。気持ちが乗っていない、まじめに仕事に取り組んでいない気持ちが話し方に出てしまっているのでしょうか。
しかしそれは違います。相手は読心術を操れるわけではありませんし、ことさら神経質にあなたを見ているのでもありません。もっと簡単な事が出来ていないケースが多いのです。
信用される話し方の一つ目のポイントは「相手の目を見て話す事」、二つ目のポイントは「考えてから離す事」です。自分が話すときも相手が話すときも相手を見るようにしましょう。出来ている人には当たり前の動作だと思いますが出来ていない人には難しい作業です。しかし相手の目を見ると言う行為は相手に関心がある事を示します。つまり本気で話をしたり聞いたりしている印象を与えるのです。目を見るのが苦手な人は相手の眉間の中心を見るといいでしょう。
二つ目のポイントも気を付ければ簡単ですが出来ていない人が多いです。相手の話に対してリアクションが速すぎると話を聞いていない、いい加減な人という印象を与えてしまいます。普段生活をしている場面で良く気付くことだと思います。同じ回答であっても、ぐっと間をとってから話すことで説得力が増しますので気を配るようにしましょう。

システムエンジニアにおすすめの記事